起動時に自動ログインするには

WindwosServer2008で起動時に自動ログインする方法として
レジストリにログイン情報を登録して自動ログインする
設定手順を説明します。

1.ウインドウズキー+"R"キーを押して、ファイル名を指定して実行ウインドウを開きます。
 ファイル名を指定して実行ウインドウで
 「regedit」と入力しエンターキーを押して、レジストリエディタを起動します。

2.以下のキーのを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
AutoAdminLogonの設定値を1(自動ログインする)に設定します。

AutoAdminLogon=1

下記の3つの文字列値を追加し、自動ログインに使用するドメイン名、ユーザー名、パスワードを設定します。

DefaultDomainName

DefaultUserName

DefaultPassword

以上の手順で
再起動すると自動ログインされるようになります。

Windows2008ServerにUnixクライアントからアクセス可能にするには

Windows Server 2008のフォルダやファイルにUnixクライアント(Andoroid、Linux、etc・・・)からアクセスするには
下記の手順を行うことにより実現できます。

1.Windows Server 2008の「サーバーマネージャー」を起動して「役割の追加」で
 「ファイルサーバー」と
 「NFS(Network File System)用サービス」を選択してインストールします。

2.「コントロールパネル」→「Windowsファイアーウォール」→
 「Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する」
 を選択すると「NFSクライアント」「NSFサーバー」が自動的に追加されている
 ことが確認できます。

3.サーバー側の設定が終わったところで、Unixクライアントの設定を行うと
 Windosw Serverのフォルダやサーバーにアクセスできるようになります。

【キーワード】
NFS(Network File System)用サービス

【参考】
UNIX クライアントから Windows の NFS 共有にアクセスする
NFS 共有ネットワーク リソースを作成する
NFS 用サービスのトラブルシューティング

Hyper-VゲストマシンのWindows Server 2008 R2でAeroテーマを使用するには

Hyper-VゲストマシンのWindows Server2008 R2でAeroテーマを使用するには
下記の手順を行うことにより実現できます。
但しAeroを動かすためのハードウェア要件を満たしている必要があります。


1.ゲストマシン上のサーバーマネージャーを起動して機能の追加で
 「デスクトップエクスペリエンス」を追加します。
 機能追加後に、ゲストマシンを再起動します。


2.ゲストマシン上のサービスで「Themes」サービスのスタートアップを「自動」に設定し、
 サービスを開始します。


3.ゲストマシンにWindows Server 2008 R2 Service Pack 1をインストールします。
 インストール後に、ゲストマシンを再起動します。

4.ゲストマシンの「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「テーマの変更」を選択します。
 「Aeroテーマ」が表示され選択できる状態になっているので選択するとテーマが有効になります。


【キーワード】

【参考】

Administrators 権限を与えたユーザーで、DOSのバッチやPowerShellを実行するには

WindowsServer2008での話です。

BuiltinのAdministratorユーザー以外に

Administratorsグループに属するユーザーを追加し、

そのユーザーでDOSのバッチやPowerShellなど、CUIベースの操作をしようとすると

(例えば、サービスの再起動など。)

「システム エラー 5 が発生しました。」「Access is denied.」

などが表示されます。

これは、ユーザーアカウント制御 (UAC; User Account Control)が邪魔をしているため、

コマンドから実行できません。

GUIベースでは問題なく実行できます。

バッチでサービス起動等を実行するには、

バッチ実行ユーザーのUACを外してあげる必要があります。

UACを外す場合、サーバ再起動が必要になります。

リモートデスクトップサービス

Windows2008ServerR2のリモートデスクトップサービスでクライアントからサーバーに接続すると、
「ライセンス プロトコルにエラーが発生したため、リモート コンピュータによってセッションが切断されました。リモート コンピュータへの接続をもう一度実行するか、またはサーバー管理者に問い合わせてください。」
というメッセージが表示されました。
解決方法をリモート デスクトップのライセンスのエラー メッセージに関するトラブルシューティング
を参考に調べていくと
接続できない原因は、

  1. ターミナル サーバー ライセンス サービスを有効にしていなかったため。
  2. ターミナル サーバー ライセンス モードを設定していなかったため。

でした。
ターミナルサーバーライセンスサービスを有効にして
ターミナル サーバー ライセンス モードを接続ユーザー数モードで設定したところ
無事、クライアントから接続することができました。